HBAD-512柔肌巨乳未亡人 夫の親族に何度も中出しされて… 逢坂はるな

お気に入り登録するお気に入り登録済み メールで送信するメールで送信する

夫を亡くし傷心の未亡人はるな。深い悲しみに包まれた憂いの表情と巨乳が男の心を奪う。はるなの面倒を見るという名目で家にやって来た親族も当然その色香に耐え切れるわけがなく関係を迫る。夫を裏切るわけにはいかない、と抵抗していたはるなだがいつしか肉棒の魅力に震え、夫の遺影の前で腰を振ってしまう。[HBAD-512 , 1hbad00512]再生時間:109分2019年12月12日発売

管理人レビュー

評価: ★★☆☆☆ (2点)

今回は「HBAD-512柔肌巨乳未亡人 夫の親族に何度も中出しされて… 逢坂はるな」について作品レビューを書きたいと思います。
作品の内容は夫を無くした若妻役が逢坂はるなさんでちょっとぽっちゃりとした奥様です。まだ30前後といった感じでしょうか、
葬儀を終えてすぐといったかんじの様子です。そこへ夫の弟が線香をあげに家を訪ねてきます。アコーディオンのBGMが雰囲気を悲しい黄昏た雰囲気を演出しています。
どうやら逢坂はるなさんの旦那さんは心不全で亡くなられたようで、直前まで元気だったのに急死されたようです。亡き夫の弟は心配してしばらく逢坂はるなさんの家に泊まると
提案してきて逢坂はるなさんも渋々これを受け入れます。するとこの弟は入浴中の逢坂はるなさんの風呂場を覗き、脱いだパンティの汚れ具合をチュックします。
ここで旦那さんが倒れたときの回想シーンが入ります。どうやら夫婦でセックスを2回したあと逢坂はるなさんはまだやり足りないらしく嫌がる夫にもう一回と
無理やり上に乗って騎乗位で腰を振りだした途端倒れてしまったようです。寝ている逢坂はるなさんの夢に度々出てくるようでうなされて起きます。そこで夫の責めるような声の
幻聴が聞こえ「おまえが悪いんだ、無理だと言っているのに無理やるやるから俺は死んだんだ」と責める声が聞こえてきます。この悪夢にうなされて起きた逢坂はるなさんは
おマンコがぐっしょり濡れていることに気付きオナニーを開始します。まず回想シーンの夫の怒り方がおかしい、もう二回もやったんだと怒鳴り散らして怒るのもおかしいですし
この男優さんのナレーションというかそもそもの喋り方がちょっとまの抜けた声ですので笑ってしまいます。それに逢坂はるなさんがこんな悪夢で起きた感じなのになんでマンコぬれててムラムラきてるのか
ちょっと筋道がおかしな方向に向かっているようです。悪夢で起きた逢坂はるなさんはダイニングでオナニーをします。これを弟に見つかりお説教されます。まだ夫が死んで1ヶ月も経ってないのに
オナニーをするなと怒っています。「兄さんは血管が弱かった、暑い真夏日にすけべなはるなさんは兄さんに何度もセックスを強要したんだろう」と死んだ原因を図星に当てておっぱいをもみながら
弟は兄嫁の逢坂はるなさんを責め立てます。結局この日は逢坂はるなさんは手マンでいかされ、フェラチオで口の中に弟の精子をぶちまけられて終わりますがこの日以来、逢坂はるなさんと弟は
肉体関係を持ってしまいます。次の日も逢坂はるなさんの夫の遺影の前で逢坂はるなさんと弟はセックスをして中出しをします。こうして中出しの日々が続いていきます。
最後は激しいセックスのあと動かなくなってしまいます。弟はセックスで兄貴の仇を打って逢坂はるなさんをイキ殺してしまったようです。
さて作品の総評ですが主演の逢坂はるなさんはデビュー当時はもうちょっと細かったのに今回の作品では完全にちょいぽちゃの奥さん、人妻女優ど真ん中になってしまった印象ですね。
非常識にセックスが好きで好きでしょうがないという感じの役どころですがまぁあげしく感じる女は演じきれたのではないでしょうか。最後はいきすぎで死んでしまうという落ちはどうかと思いますが。
今回の作品は星2つですね。

関連動画

トップへ移動
URLをコピーしました。